ダイエット飯 食事

ご飯をもち麦に変えるだけで痩せられる?もち麦のダイエット効果を検証

 

きつい運動、厳しい食事制限」

ダイエットするとなると必ず立ちはだかる高い壁。

 

SASAMI
楽して痩せる方法はないかなぁ

なんてついつい考えてしまいますよね。

今日はそんな方に朗報です。

 

普段食べている白米をもち麦入りの麦飯に変えるだけで痩せられる!そんなお話をしていこうと思います。

 

もち麦って何?

もち麦、押し麦、大麦など一口に麦といっても多くのキーワードがあって混乱してしまいます。

もち麦とは何かを簡単におさらいしておきましょう。

 

もち麦は大麦の一種です。大麦の中には押し麦と呼ばれるものもありますが、押し麦ともち麦は別物です。

お米にも、うるち米ともち米があるように麦にも品種が色々あるんです。

もち麦は名前の通りモチモチした食感が特徴で、食物繊維も押し麦より豊富なため非常に人気があります。

 

もち麦の健康効果

食物繊維

 

もち麦の食物繊維量は、なんと精白米の約20倍とも言われています。

特に水溶性食物繊維が豊富で、腸内環境を整えたり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

私たちが普段口にする白米は食物繊維が少ないので、血糖値を急激に上げてしまいます。

血糖値の急上昇は肥満や糖尿病を引き起こすと言われており、できれば避けたいですね。

また急上昇した血糖値を下げるために、インスリンと呼ばれる物質が分泌されますが、このインスリンは余った糖を脂肪に変え体内に貯蔵してしまうのです。

 

白米にもち麦を混ぜるだけで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、ダイエットに限らず健康な体を維持するのに役立ってくれます。

 

ミネラル

もち麦にはミネラル分が豊富です。

亜鉛・鉄・マグネシウムは精白米の数倍も含んでいます。

マグネシウムは現代人のほとんどが不足していると言われているミネラルです。マグネシウムは補酵素と呼ばれ、体内にある300以上の酵素の働きを活性化する効果を持っています。

酵素ダイエットが一時期はやったように、酵素の中には脂肪燃焼を促進してくれるものもあります。

 

毎日のご飯を麦飯に変えることで、ダイエットを加速させることができます。

 

ビタミン

ビタミンBやビタミンEなど、美容や健康に欠かせないビタミンが豊富に含まれています。

毎日食べるご飯にビタミンが入っていると嬉しいですよね。

 

昔の日本では麦がビタミンの摂取源として大切なものでした。

江戸時代までは麦や玄米が中心の生活でしたが、次第に都市部を中心に白米食が広がりました。

その時ビタミン不足により「脚気」が増えてしまったと記録残っています。

この話からも分かるように毎日食べるものだからこそ、栄養がしっかり入ったものを食べなければいけません。

 

ポリフェノール

もち麦の外皮にはポリフェノールが豊富に入っています。

ポリフェノールは強い抗酸化作用を持っており、老化の原因である「活性酸素」をやっつける作用を持っています。

それだけではなく、動脈硬化や生活習慣病を予防する効果もあります。

 

健康や美容に欠かせないポリフェノールを毎日手軽に摂取できるのは麦飯の良いところですね。

 

もち麦のダイエット効果

 

では実際に白米をもち麦入りの麦飯に変えるとどれくらいダイエット効果を期待できるのでしょうか?

まずは100g当たりの栄養成分で比較してみましょう。

白米:もち麦=2:1 白米/100g もち麦/100g
エネルギー/kcal 350.7 356 340
たんぱく質/g 6.1 6 6.2
脂質/g 1.0 0.9 1.3
炭水化物/g 77.3 77 77.8
糖質/g 73.7 76.5 68.2
食物繊維/g 3.5 0.5 9.6

私の経験から白米と麦の割合は2:1が美味しく食べられる限界なので、今回は2:1の麦飯を表に載せています。

 

白米ともち麦は非常に栄養成分が似ていますね。

唯一大きく違うのが糖質量です。白米は食物繊維がほとんど入っていないのに対し、もち麦は食物繊維が約10gも入っています。

ただ違いが食物繊維くらいなので、カロリーはさほど変わりません。

 

次に分かりやすく、お茶碗一杯の栄養成分で比較しました。

麦飯一杯 白米一杯
エネルギー/kcal 227.9 231.4
たんぱく質/g 3.9 3.9
脂質/g 0.7 0.6
炭水化物/g 50.2 50.1
糖質/g 47.9 49.7
食物繊維/g 2.3 0.3

たった3kcalしかカロリーは変わりません。

思った以上にダイエット効果は低いかもしれません。

 

気になる一年間のダイエット効果を計算してみました。

一日3食、白米から麦飯に変えると、3kcal×3食×365日=3600kcal

脂肪一キロ7200kcalなので、毎日麦飯を食べると、一年間でおおよそ500gの脂肪を減らすことができます。

 

SASAMI
500gを少ないとみるか多いとみるかはあなた次第!
白米よりむしろ美味しいし、こんなに簡単なダイエットはないね
omochi

 

また白米から麦飯に変えて一年がたつ私が実感した麦飯効果は、

  • 腹持ちがいい
  • おならが無臭になった

この二つです。

 

特に腹持ちは効果はすぐ実感できました。今まで白米を食べても、一時間後にはお腹が減っていました。

しかし麦飯に変えてからは、食後3時間後まではお腹が減りにくくなりました。

間食を食べなくても大丈夫になったので、大幅なカロリーダウンにつながりました。

これは食物繊維が豊富なことで血糖値の上昇が緩やかになったからだと考えられます。血糖値が急上昇するとその後急降下してしまい、脳が空腹だと勘違いしていまいます。血糖値が緩やかに上昇することで、緩やかに血糖値が下がるので、脳が空腹と誤解することがなくなったのでしょう。

おならは食物繊維が腸内環境を正常化にしてくれたからだと思います。

今まではお腹を下すことが多かったですが、これも以前より改善されています。

 

まとめ

 

毎日のご飯を麦飯に変えるメリットをまとめると、

  • 美容やアンチエイジングに有効な成分が豊富に入っている
  • 白米を麦飯に変えることで一年で500gの脂肪削減
  • 腹持ちがよくなるので、間食が減る
  • 腸内環境が改善される

このようになります。

 

白米から麦飯に変えるだけで劇的に痩せられるわけではありませんが、美味しく苦労せずに痩せられると思えば、取り入れた方がいいですよね。

簡単でお金がかからないので是非試してみて下さい。

 

安くて美味しいもち麦「ぷちまる君」

 

麦と言えば安いイメージがありましたが、実際買ってみると白米より高い場合が多いです。

Amazonで「ぷちまる君」というもち麦が安く売っていたので、試しに買ってみたらとても美味しかったです。

洗わなくいいので、手軽に使えますし、一キロごとに小分けにされているのも便利です。

 

【送料無料】毎日健康ぷちまる君10kg(1kg×10袋)まとめ買い!熊本県産大麦100%!

 

麦飯を作る際は白米ともち麦を2:1の割合で炊飯するのがおすすめですよ。

 

それではまた!

 

筋トレのダイエット効果が凄い!一年頑張れば何もしないで5kg痩せる体に

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SASAMI

SASAMI

SASAMI LIFEは夫婦で運営するボディメイク情報サイトです。 素人がかっこいい体になるために必要なトレーニングや栄養を発信していきます。

-ダイエット飯, 食事
-,

Copyright© SASAMI LIFE | 筋トレで健康ボディメイク , 2020 All Rights Reserved.