トレーニング 知識

ジムが混雑しやすい時間と曜日は?空いている時を狙ってストレス解消!

 

年々増加傾向にあるフィットネス人口は、筋トレ情報を発信する私にとっては嬉しいことです。

しかしジム利用者の目線から考えると、決して喜ばしいことばかりではありません。

 

昔に比べてジム利用者が増えて、器具の待ち時間が増えたり、トレーニングスペースが狭くなっているのです。

特にジムが混雑しているときに行ってしまうと、ウェイトコーナーに溢れかえる人の数にうんざりすることもありますよね。

 

でもジムが混んでいる時間は特定の時間帯だけなので、うまくいけば器具を待つことなく利用できます。

空いているジムは好きな器具を好きな時に使えるのでストレスがたまりませんし、時間の節約にもなります。

またトレーニングの順番も思い通りにできるので、トレーニング効果もアップします。

 

混んでいる時間と空いている時間を把握して、上手にジムを利用しましょう!

 

この記事では、私営ジム7か所、公営ジム4か所に定期的に通っていた経験のある私が「ジムが混んでる時間」と「ジムが空いている時間」を教えます。

 

この記事を読むと分かること

  • ジムの混雑予想表
  • ジムがすいている時間
  • ジムがすいている曜日

 

ジムが混んでいる時間

 

ジムが混んでいる時間はずばり「平日の夕方」「休日の午前中」です。

 

ジムが混雑しやすい時間

  • 平日の夕方(特に月・水)
  • 休日の午前中

 

なぜこの二つが混みやすいのでしょうか。

世の中の大多数がどういう思考で動いているのかを考えれば、答えが分かってきます。

 

平日の夕方

平日の昼間に働いている人が多く、その人達が仕事終わりに利用するのが「夕方」になります。

その中でも特に混雑するのが「月・水」です。

 

週初めの月曜日はモチベーションが高まっていることもあり、多くの利用者が集まります。

また水曜日は多くの会社が定時退社日になっており、習慣的にジムに行きやすいため人気です。月曜日にジムに行った人が一日休養して水曜日に行くといったパターンも想定されます。

 

休日の午前中

土日や祝日も混雑しやすいです。

平日は忙しくていけない人たちが集まったり、友達同士やカップルでジムに来る人たちが多いです。

 

休日は基本的にいつ行っても混雑していますが、その中でも特に混むのが「午前中」です。

休日は午後からお出かけする人も多いため、午前中にジムへ行こうと思う人が多いです。

 

SASAMI
休日の午前中は歩くスペースもないくらい混んでいることも。今では極力避けるようにしています。
omochi
混んでいるジムはストレスのせいかすごい疲れる。休日の午前中はいかない方が無難です。

 

ジムが空いている時間

 

混んでいる時間がある一方で、空いている時間も存在します。

 

SASAMI
空いているジムは器具が使い放題で最高です。
omochi
この快適さを知ったら、もう混んでいるジムにはいけません。。

 

ジムが空いているのは皆が働いている時間や活動していない時間帯(寝ているときなど)です。

つまり「平日の昼間」「深夜」「ランチタイム」が空いています。

 

ジムが空いている時間帯

  • 平日の早朝:まあまあ空いている
  • 平日の午前中:有酸素やスタジオレッスン、水泳は混雑。ウェイトコーナーは空いている
  • 平日の午後:空いている
  • 深夜:とても空いている
  • 休日のランチタイム:空いている

 

平日の早朝

omochi
そんなこと言われてもサラリーマンにはきついよ。あっ!早朝ならなんとかなるかも!
SASAMI
早朝からトレーニングなんて意識高いね!比較的すいているけど、意外とたくさんの利用者がいるから過度の期待は禁物だよ。

 

早朝は出勤前の人が集まりやすいです。

また高齢者も早朝からくることが多いです。

最近はウェイトトレーニングに励む高齢の方も多いので、意外にも混雑していることが多いです。

とはいえ、平日の夕方や休日に比べれば空いているので、朝早く起きることに抵抗がない人はチャレンジしてみると良いでしょう。

 

平日の午前中

早朝が過ぎて、9~11時ごろになると、ジムは混み始めます。

平日の午前中は高齢者や主婦層がかなり多いです。

 

メイン利用者が高齢者や主婦なので、スタジオレッスンや水泳、ランニングマシンなどの有酸素系マシンが混雑します。

その一方でウェイトコーナーは空いていることが多いです。

 

筋トレをしにジムへ行っている方は平日の午前中が狙い目です。

 

平日の午後

平日の午前中にいた利用者が帰るとジムから人がグッと減ります。

 

午前中からいた方や午後からくる主婦もいますが、全体的にまばらです。

利用者の多くが主婦なので、有酸素運動や筋トレマシンは利用者が多いですが、少し待てばすぐに使えるでしょう。

 

ウェイトコーナーは午前中に引き続き空いています。

 

深夜

24時間ジムに通っている方は深夜に行くのも手です。

0時~6時までの間はほとんど無人です。ごくまれに人が出入りしますが、器具を待つことはまずありません。

 

SASAMI
深夜が快適なのはわかっているけど生活リズムが。。
omochi
なかなかキツイよね。だからこそ空いているんだろうけど。

 

休日のランチタイム

「おいおい。サラリーマンでも行けるような空いている時間はないのか?」

と思った方におすすめなのが「休日のランチタイム」です。

 

ここまでは普通のサラリーマンがいけない時間ばかりでしたが、休日のランチタイムならいける方が多いのではないでしょうか。

 

全体的に混雑している休日ですが、12時~14時までの2時間は非常にジムが空きます。

お昼ご飯の時間をずらしたくない人や、お昼はしっかり休憩したい人など、理由は人それぞれですが、とにかく空いています。

 

ちなみに私は週3回ジムに通っていますが、そのうちの2日間は土日のランチタイムに行っています。

 

SASAMI
休日のお昼時はサラリーマンの味方です。
omochi
12時前後で一気に人がいなくなるよね。快適快適!

 

ジムの混雑予想表

 

私のいままでの経験をもとにジムの混雑を予想した表を作成しました。

スポーツジムのターゲット層が異なれば混雑予想も変わる可能性はあります。(主婦向けのジムは夕方が空いているなど)

今回は老若男女すべての人をターゲットにしたスポーツジムを参考に混雑予想を出しています。(コナミやセントラル、ティップネスなど)

 

この表をもとに自分が通っているジムの空いている時間を探してみてください。

混雑を避ければ、もっとトレーニングが楽しくなりますよ。

 

サラリーマンにおすすめの時間帯

  • 火・木の夕方
  • 休日のランチタイム

 

混雑を避けてトレーニング効率を上げよう

 

フィットネス人工の増加に伴いスポーツジムの数も増えてきていますが、まだまだジムの混雑問題はなくなりません。

なるべくみんなが行きたがる時間帯を避けてトレーニングしましょう。

 

空いているジムはトレーニング時間の短縮や集中力向上、ストレス軽減など様々なメリットがあります。

なにより色々な器具が使えるとモチベーションが高まりますよね。

 

まとめ

  • 誰でも上手に利用することで混雑は避けられる
  • 平日の夕方や休日の午前中は混雑しがち
  • 火・木の夕方は多少マシなので狙い目
  • 休日はランチタイムが穴場

 

▽ジムが空いている時間がわかったら、次はトレーニングメニューを考えていきましょう。

【本気で鍛えたい人向け】最低限やりたい部位別おすすめ筋トレメニュー(全身)

続きを見る

 

▽ジムの混雑を避けるには「コンパクトホームジム」がおすすめです。私は平日の混雑具合にうんざりしてお金と場所を最小限にしたコンパクトホームジムで鍛えています。

ホームジムのメリット・デメリットとは?費用や器具の選び方も詳しく解説

続きを見る

ワンルームでもホームジムが作れる!【私が使用している器具と注意点を解説】

続きを見る

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SASAMI

SASAMI LIFEは夫婦で運営するボディメイク情報サイトです。 素人がかっこいい体になるために必要なトレーニングや栄養を発信していきます。

-トレーニング, 知識

Copyright© ささみライフ | 筋トレで健康ボディメイク , 2022 All Rights Reserved.