プロテインバー 食事

【レビュー】inバープロテインベイクドチョコシリーズがコスパ◎

 

いまでこそプロテインバーには様々な種類がありますが、少し前まではほとんど種類がありませんでした。

その中でも昔からプロテインバーを発売しているのが「森永製菓」

その森永製菓が発売しているinバープロテインシリーズのベイクドチョコ味が美味しそうだったので、買ってみました。

 

早速、味と成分のレビューを行っていきたいと思います。

 

inバープロテインとは?

(画像引用元:https://www.morinaga.co.jp/in/bar/

 

inバープロテインは森永製菓が出しているプロテインバーシリーズの名前です。

一本でたんぱく質を10g摂取できるのが魅力で、いつでもどこでもサクッとたんぱく質を補給できます。

またスーパーやドラッグストア、コンビニ等どこでも置いてあるので、欲しい時に手軽に手に入るのが魅力です。

流通量も多いので、安売り時は大幅値引きで買えることもあります。プロテインバーは総じて高いものが多いので、この点は非常にメリットですね。

 

inバープロテイン ベイクドチョコ

ベイクドチョコの味は?

美味しそうな写真がパッケージに書かれていますね。

期待を胸に袋を開けると、、

一口サイズに割って食べたい人のために、スリットが入っているプロテインバーが多い中、こちらのプロテインバーはスリット無のタイプです。

私はかぶりついて食べる人なので、スリットはあってもなくてもいいですが、女性は気にする人が多いかもしれませんね。

袋を開けても、あまりチョコの香りはしてきませんでした。

 

それではいよいよ食べていきます。

SASAMI
ん~。いまいち!

 

まず食感ですが、サクサクタイプではなく、ねっちょりタイプ。

しっとりタイプとは違って、ネッチョリです。プロテイン特有の食感ですね。最近はネッチョリ感をなくしたプロテインバーが数多く登場しているので、この点はマイナスです。

 

チョコ味なのですが、かなり甘めで、カカオ比率がかなり低そうです。ライザップや一本満足バーのようにカカオが香る上品なチョコ味ではありません。

人工甘味料を使用していないため、変な甘さはありません。

「不味くはないが、決して美味しくもない」というのが正直な感想です。

 

inバープロテイン ベイクドチョコを食べた感想

  • ネッチョリ食感でプロテインのくせを隠しきれていない
  • 安っぽいチョコ味
  • 人工甘味料は不使用なので特有のクセはない

 

ベイクドチョコの成分は?

inBARベイクドチョコの成分はプロテインバーとしては普通です。特筆すべき点はありません。

普段のおやつ代わりに食べる分にはいいですが、ボディメイクやダイエットに良いかと言われれば微妙です。

エネルギー 166 kcal 葉酸 258 μg
たんぱく質 10.4 g ビタミンB1 0.84 μg
脂質 8.6 g ビタミンB2 0.54 mg
炭水化物 12.6 g ビタミンB6 0.99 mg
糖質 11.1 g ビタミンB12 2.4 μg
食物繊維 1.5 g ナイアシン 5.9 mg
食塩 0.16 g パントテン酸 2.5 mg

 

カロリー・たんぱく質・脂質ともに特筆すべき点はありません。脂質が若干多めで、カロリーも低いと言えるほどではないので中途半端な印象。

ビタミンに関しては、大した量が入っていないので、ビタミン摂取としては不十分です。

 

inバープロテイン ベイクドビター

ベイクドビターの味は?

ベイクドチョコと違ってベイクドビターは糖質40%オフになっています。糖質制限ダイエットの人だけでなく、低カロリーなのでダイエットしている方全員が嬉しい商品です。

 

早速封を開けていきます。

ほろ苦いチョコの香りが広がり、食欲をそそります。

スリットは入っておらず、袋からバーを取り出してかぶりついて食べるタイプです。

 

一口食べてみると、食感はベイクドチョコと同じくネッチョリです。inバーシリーズ全てでこの食感なのかもしれませんが、残念です。せっかくおやつとして食べるのに、プロテイン感満載でちょっとがっかりしてしまいます。

 

味はベイクドチョコに比べて甘さが控えられており、少し苦味も感じます。ミルクチョコよりビターチョコ派の私は好きな味です。

こちらも人工甘味料は不使用なので、特有のエグミはありません。

 

「味はいいけど、食感が惜しい」そんな印象を受けました。

 

inバープロテイン ベイクドビターを食べた感想

  • ネッチョリ食感でプロテインのくせを隠しきれていない
  • 甘さ控えめなチョコ味で美味しい
  • 人工甘味料は不使用なので特有のクセはない

 

ベイクドビターの成分は?

ベイクドチョコに比べて糖質40%オフと謳っているだけあって、糖質が非常に低くなっています。

脂質を抑えている人にとってPFCバランスはいまいちですが、糖質制限している人にとっては最高のおやつです。

 

エネルギー 155 kcal 葉酸 185 μg
たんぱく質 10.4 g ビタミンB1 0.83 μg
脂質 8.5 g ビタミンB2 1.1 mg
炭水化物 12.6 g ビタミンB6 1 mg
糖質 5.9 g ビタミンB12 2.5 μg
食物繊維 6.7 g ナイアシン 12 mg
食塩 0.3 g パントテン酸 4.1 mg

 

ベイクドチョコに比べて、糖質オフな分、食物繊維がたっぷり入っています。一日の1/3の食物繊維が入っているので、普段の食生活にプラスすることで、腸内環境を整える効果も期待できます。

糖質がもともと低い上にこれだけ食物繊維が入っていれば、血糖値の上昇がほとんど起こらないと予想されます。

筋肉を増やしたい人よりはダイエットしている人に効果のある商品になります。

 

まとめ

inバープロテインベイクドチョコとベイクドビターの二種類を食べてみたところ、

  • 両方ともネッチョリ食感でプロテイン感満載
  • ベイクドチョコよりベイクドビターの方が甘さ控えめでチョコ感強め
  • 甘味料特有のエグミは感じない
  • 成分はベイクドビターの方が優秀

上記のようになり、ベイクドビターの方が味・成分ともに優秀でした。

 

価格と成分を考えると非常にコスパがいいですが、私はどうしてもネッチョリ食感が好きになれませんでした。。

 

inバープロテインベイクドチョコまとめ
価格
カロリー
成分
オススメ度
SASAMI
一本満足バーには勝てないかな
一本満足バーはなかなか手に入らないのが難点だけどね
omochi

 

森永製菓 inバー プロテイン ベイクドビター(35g*12本入)【ウイダー(Weider)】
created by Rinker
アサヒ食品グループ 1本満足バー プロテインチョコ プロテインヨーグルト
created by Rinker

 

【レビュー】1本満足バープロテインが高タンパクなのに美味しくて感動

続きを見る

クリーム玄米ブランが美味しすぎる。ダイエット中のご褒美に最適

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SASAMI

SASAMI

SASAMI LIFEは夫婦で運営するボディメイク情報サイトです。 素人がかっこいい体になるために必要なトレーニングや栄養を発信していきます。

-プロテインバー, 食事
-, ,

Copyright© SASAMI LIFE | 筋トレで健康ボディメイク , 2020 All Rights Reserved.