トレーニング ホームジム

【捨てるのはもったいない】絶対に後悔しないダンベルの処分方法

 

「買ったはいいものの意外と使わなかった」

「引越しを機に捨てよう」

「重量が合わなくなったから買い換えよう」

 

ダンベルを捨てる理由は人それぞれあると思いますが、その前に一つお聞きします。

SASAMI
そのダンベル本当に捨てていいの?

 

私もつい半年ほど前に、使わなくなって数年たったダンベルをようやく手放すことができました。

それも8000円をもらって

 

ダンベルを捨てるためには最悪お金を支払わなくてはいけませんが、ちょっとした手間をかけてあげるだけで意外と大きな収入になるかもしれません。

この記事では私がダンベルを売買した方法をすべてお伝えします。

決して難しいことではないので、ぜひあなたも真似してみて下さい。

 

この記事を読むと分かること

  • ダンベルが8000円に生まれ変わった処分方法
  • ジモティーの使い方
  • 実際にジモティーを使って感じたこと

 

ジモティーでダンベルを売買する

 

私がダンベルを手放して8000円を手に入れた方法は「ジモティーでの取引」です。

 

ジモティーは「地元の掲示板」として、地元内でのモノの譲り合いなどが行われているサイトです。

完全に無料で使用できるうえ、メルカリやヤフーオークションなどと違い、手数料が0円なのが特徴です。

 

omochi
1000円で洋服を売ったら、1000円が手元に入るってこと?
SASAMI
その通り!フリマアプリだと10%近い手数料に加えて送料もかかるからジモティーはお得だよ。

 

特にダンベルは重量物なので、メルカリで売ろうとすると、片手10kgのダンベル×2個で1600円も送料がかかってしまいます。

これでは頑張って売っても、ほとんど手元にはお金が入ってきませんよね。

しかも発送するにも、近所のコンビニまで重いダンベルをもっていくのはしんどいですよね。

 

ジモティーなら手数料が全くかからないのに加えて、買い手の方に家のすぐ近くまで来てもらうことが可能なので、売る手間を省くことができます。

面倒な梱包も発送作業も必要ないのです。

 

他にも近所にあるリサイクルショップに自宅までダンベルを回収にきてもらう手があるのですが、高く売りたい方にはおすすめできません。

実際私が査定を依頼した時は、後日ジモティーで8000円で売れたダンベルがたった1000円での買取でした。

ただ一番簡単に取引ができるのは間違いないので、この記事を読んでもジモティーで取引する気が起こらなかったら、近所のリサイクルショップに電話をしてみて下さい。捨てるよりはよっぽどマシです。

 

ダンベルを売買するときに使えるサービス

  • ジモティー:手数料無料かつ近所で取引可能なのでラクチン
  • メルカリなどのフリマアプリ:手数料・送料が高い、発送がめんどう
  • リサイクルショップの自宅回収:査定がかなり安くなるがラクチン

 

ジモティーを使ったダンベルの売却方法

まずは会員登録

まずは手元にあるスマホにジモティーのアプリをダウンロードして会員登録をしましょう。

PCからジモティーを利用することもできますが、ダンベルの写真を撮ってわざわざPCに移すのが面倒な私はスマホから取引を行っています。

 

ダンベルの写真をとって出品

会員登録ができたら、早速出品しましょう。

 

商品の全体感が分かるように写真を撮ります。私が実際の取引した商品を下にのせておきます。

 

また商品説明欄に、

  • 商品の状態
  • 新品時の価格
  • 取引場所

を記載しておくと、その後の取引がスムーズになります。

詳しく書こうと頑張りすぎると嫌になってしまうので、要点だけおさえていればOKです。私はこんな感じでざっくりした説明文でした。

ここまでくれば、あとは購入希望者からの問い合わせを待つだけです。

 

購入希望者の中から条件に合う人を探す

出品が完了したら、たくさんの方々から問い合わせが来ました。

 

私はダンベルを梱包して発送するという作業が嫌だったので、自宅付近まで取りにきてもらえる人限定で取引をすることにしました。

一応商品の説明分にも「自宅付近まで取りにこれる人のみ」と記載していたのですが、発送してくれないかという問い合わせが多数ありました。そうした場合には丁重にお断りメールを返してあげればOKです。

 

また値下げ交渉してくる人も多いので、状況に応じて対応しましょう。

私の場合は7000円で購入したい人が2人いたので、正直にもう一人購入希望者がいることを伝えたところ、値下げなしでの取引が決まりました。

 

取引相手が決まったら日時・場所を決める

条件に合う人(私の場合は自宅付近での取引・値下げは極力しない)が見つかったら、取引日時と場所を決めましょう。

取引場所はなるべく自宅以外を選ぶようにしましょう。

とはいえダンベルを遠くまで持ち運ぶのは大変なので、近所の公園やコンビニなど、なるべく近くを指定すると楽です。

 

omochi
ダンベルなんて重いんだから家まで来てもらえばいいんじゃない?
SASAMI
それもそうだけどトラブルを避けるために自宅は避けた方がいいよ。

いままで10件以上取引をしてきてトラブルになるようなことはなかったけど、絶対にないとは言い切れないからね。

omochi
たしかに。家から少しはなれて取引するだけで安心できるなら、そうした方がいいね!

 

約束の日時・場所で取引する

取引当日になったら、朝いちばんにリマインドメールを送ると安心して取引場所に向かうことができます。

私はダンベルがはじめての取引だったので、リマインドメールを出し忘れてしまいました。。

 

リマインドメールを送って、問題なければ、約束の日時にダンベルを持っていきましょう。

人が多い場所で取引するときは、事前に服装などの特徴を伝えておくとわかりやすいです。

 

約束の場所にいくと、キョロキョロしている方がいたので、おそるおそる「ジモティーの方ですか?」と声をかけてみたら正解でした。

あとは実際のダンベルをみせて確認してもらい、お金を受け取り、商品を手渡して、取引終了です。

実際の取引時間はたったの1~2分でした。

 

SASAMI
はじめてのジモティー取引だったので、当日はドキドキでした。

でも会ってみると、とても優しそうな方で安心して取引を終えることができました!

omochi
現金握りしめて、うれしそうに帰ってきたよね。笑

 

取引が終わったら、相手の評価をして、完了です。

 

ジモティーでダンベルを売却するのにかかった時間は?

 

ジモティーを使って実際にダンベルを売却した流れを説明してきましたがいかがでしたか?

文章で書くと結構色々な事をやったように感じるかもしれませんが、やったのはたったのこれだけです。

  • 商品を出品する:5分
  • 取引相手とチャットでやりとりをする:実質5分くらい
  • 実際に取引する:10分

ジモティーでの取引にかけた時間は全部で20分くらいです。

 

ダンベルを粗大ごみに出すだけでも、粗大ごみにかかる費用を調べて、コンビニで粗大ごみシールを買ってきて、粗大ごみの回収予約をして、当日ゴミ箱に運ばなければいけません。

同じような努力をするならお小遣いがもらえるジモティーの方が絶対いいですよね。

 

SASAMI
意外とやってみたら簡単だからみんなもやってみてね。
omochi
環境対策のためにもゴミにするんじゃなくて、ジモティーで取引をしましょう。

 

ダンベルを捨てるならジモティーを使おう

 

ダンベルを手放すときはついつい粗大ごみに出そうかなとか考えてしまいますが、そのダンベルや筋トレ器具にはまだまだ価値が残っているかもしれません。

特にダンベルやプレートなどの重量物は価値が衰えることはあまりないので、高値で売ることができます。

まだ価値のあるものをゴミにしてしまうなんてもったいないですよね。

 

そんなときはこの記事を参考にジモティーでの取引に挑戦してみて下さい。

 

まとめ

  • 4年使用・15000円元値のダンベルを8000円で売ることに成功
  • 買取価格はジモティー>>>リサイクルショップ(査定1000円)
  • ジモティーなら近所で直接取引なので、面倒な発送作業や手数料を省ける
  • 実際に取引にかかった時間はたった20分
  • ハードルが高いように感じるけど、やってみたらとても簡単!

 

SASAMI
ダンベル売却のためにはじめたジモティーだったけど、使いやすくて、もう10件以上取引しています。

引越しのときに出る大型の家具・家電を処分するのにもとっても役に立ちました!

omochi
すっかりジモティーを使いこなすようになったよね。これからも不用品の処分任せた!

 

▽使い勝手の悪さから処分してしまったダンベルですが、今は重量が一発で変えられるダンベルで快適にトレーニングをしています。

ダイヤル可変式ダンベル40Kg×2ダイヤル調節
【比較レビュー】ダンベル選びに失敗した私が教えるオススメ可変式ダンベル

続きを見る

ダンベルの選び方に注意!アイロテックのダンベルを買って後悔した理由【レビュー】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SASAMI

SASAMI LIFEは夫婦で運営するボディメイク情報サイトです。 素人がかっこいい体になるために必要なトレーニングや栄養を発信していきます。

-トレーニング, ホームジム

Copyright© ささみライフ | 筋トレで健康ボディメイク , 2021 All Rights Reserved.