トレーニング 知識

筋トレにかかるお金って実際いくら?【ジム代、プロテイン代、サプリメント代】

 

さあ筋トレを始めよう!

と思ってもジム代を払わなきゃいけないし、プロテインだって毎回飲まないといけません。

 

「筋トレ=お金がかかる」

と思っている人が大勢いるのが事実です。

実際私の周りにも筋トレには興味があるけど、お金がかかりそうで、始められないと話している方がいます。

 

結論から言ってしまうと、筋トレにかかる費用はたかが知れています。数ある趣味の中でもお金がかからない部類だと思います。

 

この記事では、筋トレ歴5年の私が実際にかかっている費用をご紹介します。

この記事を読むと分かること

  • 筋トレにかかる費用
  • お金がかかるケースとお金がかからないケースの比較

 

SASAMI
お金がかかると思って筋トレを始めないのはすごくもったいないですよ。

 

ジム代

 

筋トレを始める上で必ずかかるお金が「ジム代」です。

 

唯一ジム代が必要ない自重トレーニングという選択肢もありますが、継続するのは難しく、よほど自重トレが好きな人でない限りはおすすめできません。

 

SASAMI
わたしも昔は自重トレをよくやっていましたが、2週間も続ければ飽きてやらなくなってしまいますよ。

 

ジム代は大きく3種類に分けることができます。

ジム別の月額費用

  • 民間ジム:5000~10000円
  • 公営ジム(市営ジム):3000~5000円
  • ホームジム:1000円以下

 

それぞれ特徴があるので、自分に合ったジムを選ぶと良いでしょう。

 

民間ジム

筋トレをしている人のほとんどは民間ジムに通っています。

私もかつては民間ジムに通っていました。ホームジムや公営ジムに比べると次のメリットがあります。

 

民間ジムのメリット

  • 設備が最新かつ充実
  • 公営ほど混雑していない
  • パーソナルトレーニングも可能

 

民間ジムは設備が最新かつ綺麗で、公営ジムほど混雑していないことが多いです。

かっこいい器具で筋トレできるのでモチベーションを維持しやすいのが特徴です。

また筋トレの知識を正しく身につけたい場合はパーソナルトレーニングを受けることもできます。

 

多くのメリットがある一方で、お金がかなりかかってしまうというデメリットがあります。

民間ジムのデメリット

  • 会員制のことが多い(都度利用は高額)
  • お金がかかる(年間10万円前後)
  • 時間がかかる(自宅との往復時間、器具の待ち時間)

 

公営ジム

公営ジムは市町村が運営しているスポーツ施設の中のトレーニング室のことを指しています。

公共とはいっても場所によっては設備が充実しているので、近所に公営ジムがある方は一度行ってみると良いでしょう。

 

公営ジムのメリット

  • 都度利用が可能
  • 安い(一回あたり200~500円)
  • フリーウェイトコーナーが充実していることが多い

 

公営ジムのメリットはとにかく値段が安いことです。

色々な地域の公営ジムに行ったことがありますが、高くても500円と安い料金で利用することができます。

また会員制ではなく都度料金を払うシステムなので、週末だけジムに行くって方でも高い月額を支払わずに済みます。

 

SASAMI
私は週末だけ公営ジムで、平日はホームジムにすることで値段をぐっと抑えています。
omochi
ホームジムだけだとモチベーションが上がらないし、民間ジムに行くと高いし、公営ジムは素晴らしいよね!

 

続いては公営ジムのデメリットを見ていきましょう。

公営ジムのデメリット

  • 近所になければいくことができない
  • 時間がかかる(自宅との往復時間、器具の待ち時間)
  • 混雑していることが多い
  • 設備が古い

 

場所がかなり限られているので、近所に公営ジムがなければ残念ながら通うことはできません。

また民間ジムに比べると、設備が古いケースが多いです。綺麗なジムが好きな方にはあまりおすすめできません。

 

ホームジム

ジムに通うのではなく、家に筋トレができる環境つくってしまうという手段もあります。それが「ホームジム」です。

 

ホームジムのメリット

  • 時間がかからない(往復時間、器具の待ち時間)
  • 安い(10年使えば月500円程度から)

 

時間とお金の節約を重視する方はぜひホームジムを作ってみて下さい。

私は会社の寮(ワンルーム)に簡易的なホームジムを作っていますが、筋トレに割く時間が短縮され、今までよりも筋トレに費やせる時間が増えました。

また初期費用はかかるものの、維持費は全くかからないので、トータルで見るとかなりの節約になります。

 

続いてはデメリットです。

ホームジムのデメリット

  • モチベーション維持が難しい
  • できる種目が限られる
  • 部屋のインテリアが崩れる
  • 初期投資が高い
  • フォームチェックができない

 

マシン器具は非常に高価かつ場所をとるので、ホームジムに取り入れることは難しいです。

したがって、ジムに比べると設備面で劣ります。

これによって飽きがきやすいのが欠点になります。

 

SASAMI
筋トレがルーティンになってしまえば問題ないけどね。仕事が忙しい人にはぜひおすすめしたいです。

 

▽私が実際に作ったホームジムについてはこちらで詳しく書いています。費用やメリット・デメリットも詳しく説明しています。

ホームジムのメリット・デメリットとは?費用や器具の選び方も詳しく解説

 

プロテイン代

 

筋トレをしているならば確実に摂取したいのが「プロテイン」です。

もちろんプロテインなしでも筋肉をつけることはできます。しかし食事から必要なタンパク質を摂取しようと思うとお金がかかってしまいます。

また筋肥大のメカニズムからもプロテインの方が通常の食事よりも効率的です。

 

SASAMI
プロテインは安くて効率の良いタンパク源だよ。
omochi
それにプロテインが一番手軽にタンパク質をとれるね!

 

プロテインの中でも「ホエイプロテイン」はBCAA比率が高く、ソイ・カゼインと比べても、特に筋肥大効果の高いプロテインです。

プロテイン選びで迷ったら、必ずホエイプロテインを選んでください。

 

私が飲んでいるプロテインはふざけているのか?ってくらい安く、人工甘味料フリーで、なおかつ成分が良いボディウィングです。Amazonで買うとフレーバーも選べて、なおかつ安いです。

SASAMI
お値段なんと1kgあたり2000円!

 

ボディウィング ホエイプロテイン バナナ風味

  • たんぱく質含有率78%
  • 1kgあたり2000円以下で激安
  • 泡立ちにくく、ダマになりにくい
  • 人工甘味料フリーで添加物の使用が最小限

 

毎日1杯プロテインを飲むと、一ヶ月で約1kgなので、上記のホエイプロテインであれば、月2000円の費用で済みます。

 

プロテイン費用

2000円/月

 

サプリメント代

 

筋トレをしてしっかりタンパク質を摂取していれば、間違いなく筋肉は大きくなります。

しかし人より速く筋肉をつけたい、今よりもっと筋肉をつけたいと思った時にはサプリメントから不足している栄養素を補うことが大切になります。

 

特に次の栄養素はなかなか食事では十分に摂取できず、不足してしまうことが多いです。

 

筋トレで不足しがちな栄養素

  • タンパク質、必須アミノ酸
  • クレアチン
  • ビタミンB群、ビタミンC
  • グルタミン

 

上記の栄養素を補うためには、マルチビタミン・グルタミン・BCAA・クレアチンが必要になります。

優先順位をつけてサプリメント代をのせておくので、自分に必要だと思うサプリメントを飲んでみて下さい。

 

サプリメント費用

  1. マルチビタミン&ミネラル(500円/月)
  2. グルタミン(1000円/月)
  3. BCAA(1500円/月)
  4. クレアチン(600円/月)

 

ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒
created by Rinker
【送料無料】DNS(ディーエヌエス) グルタミンパウダー300g (アミノ酸 サプリメント)
created by Rinker
[500円OFFクーポン配布中]BCAAパウダー 5000mg 345g
created by Rinker
【ポイントUP対象★10日19時〜】クレアチン 2500mg 200粒 サプリメント /ダイエット・健康/サプリメント/健康サプリ/アミノ酸配合/クレアチン/Optimum Nutrition/オプチマム/オプティマム【人気】
created by Rinker

 

▽それぞれの効果はこちらの記事で詳しく説明しています。

筋トレに必要なサプリメント5選!優先順位と1ヶ月の費用も合わせて説明

 

トレーニングウェア代

 

ジムに通う場合はトレーニングウェアを購入する必要があります。

Tシャツ、スウェットパンツ、ランニングシューズがあればOKです。

 

価格はものによって大きく異なりますが、私の場合はこちらの価格で購入しました。

トレーニングウェア費用

  • Tシャツ:3000円
  • スウェットパンツ:5000円
  • ランニングシューズ:4000円

 

Tシャツ 半袖 メンズ ナイキ NIKE フューチュラ アイコン S/S TEE スポーツウェア トレーニング カジュアル ウェア ロゴT 男性用 半袖シャツ トップス/AR5005
NIKE ナイキ ジョガーパンツ 804466 スウェットパンツ スウェット パンツ ジョガー メンズ レディース イージーパンツ リブパンツ リブ すっきり 無地 シンプル スポーツ カジュアル 黒 グレー ロゴ sweat
ニューバランス ランニングシューズ メンズ FF ZANTE M MZANTBK4D ザンテ new balance

 

筋トレにかかる費用まとめ

 

今回説明した筋トレにかかる費用をまとめると次のようになります。

 

筋トレにかかる費用まとめ

  • ジム:月1000~10000円
  • プロテイン:月2000円
  • サプリメント:月500~3600円
  • トレーニングウェア:月1000円(年12000円)

 

ジム代やサプリメント代は選ぶものによって大きく異なってしまうので、最も安くすませた場合と一番お金がかかる場合の総額を計算しました。

 

安いケースはホームジム+マルチビタミンのみ、高いケースは民間ジム+全サプリメントで計算しています。

安いケース/月 高いケース/月
ジム代 ¥1,000 ¥10,000
プロテイン代 ¥2,000 ¥2,000
サプリメント代 ¥500 ¥3,600
トレーニングウェア代 ¥1,000 ¥1,000
合計 ¥4,500 ¥16,600

 

安くすませたいのであれば月4500円、お金がかかる場合でも17000円あれば筋トレを継続できます。

SASAMI
4500円だったら、一回飲みに行くのを我慢すればOKだね。
omochi
飲み会減らして筋トレなんて健康まっしぐらだ!

 

筋トレをしてみたくなりましたか?

もし筋トレに興味が湧いたなら是非次の記事も読んでいってください。

それではまた!

 

筋トレは筋肉がつくだけがメリットじゃない!考え方・生き方が変化する

続きを見る

ホームジムのメリット・デメリットとは?費用や器具の選び方も詳しく解説

続きを見る

【筋トレ方法・総まとめ】これさえ読めば全てわかる筋トレ指南書(トレーニング基礎編)

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SASAMI

SASAMI

SASAMI LIFEは夫婦で運営するボディメイク情報サイトです。 素人がかっこいい体になるために必要なトレーニングや栄養を発信していきます。

-トレーニング, 知識

Copyright© SASAMI LIFE | 筋トレで健康ボディメイク , 2020 All Rights Reserved.